海外留学豆知識その①

「海外大学には受験や入試がない!?」

英語圏の大学には日本の大学などで

行われているような受験や入試はありません。

その代わり、留学する大学にTOEFL®という

英語が母国語ではない学生を対象にした英語の

テストのスコアや出身高校のGPA(評定平均値)

などを提出します。

Mh9004011341

国や大学ごとで求められるスコアは大きく異なります。

逆に言えば、TOEFL®のスコアやGPAが高ければ高いほど、

留学する国や大学を選ぶことができ、進学先の選択肢が

広がることになります。

TOEFL®2年間の有効期限があり、願書の提出時に

留学先に送付するまでは何度も受験することが可能です。

一般的に海外の大学は「入り易く出にくい」の「入り易い」

はここからきているのかもしれませんね。

大学によっては上記以外にもSATという大学共通試験や

国によってIELTS®という別の形式で行われているテストの

スコアの提出が求められる場合もあります。

Mh9004225901

海外大学に興味のある方は進学先や渡航国を決定して、

必要なスコアから逆算した学習をしても良いかもしれませんね。

「海外大学に進学するための基準が聞ける説明会はコチラ」

前へ

留学までの準備教育の大切さ

次へ

留学説明会のご案内