「国内大学進学にTOEFL受験」の是非

C8018791

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

先日、自民党の教育再生実行本部がまとめた、「国際社会で活躍できる人材の育成を目指す教育改革」の第1次提言案に関するニュースが流れました。

優秀で意欲のある高校生を大学の理数系学部の教授が教える「超スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」制度の創設や、英語圏の大学に留学する際に求められる「TOEFL」で一定以上の点数を取ることを全大学の受験・卒業の条件とすることなどを盛り込んでいるそうです。

Mh9004225901

【以下は産経新聞より一部抜粋】

TOEFLの導入は、実行本部が、安倍政権の大学入試改革の目玉に位置づける施策の一つで、英文読解を中心とした現在の高校の英語教育のスタイルを一変させる可能性もあるそうです。そのため、教育現場に混乱を来さないよう5年後の平成30年度ごろからの導入を想定しているとの報道が流れていました。

対象は、全ての国公立大学と私立大学。大学の学部ごとに点数基準を定め、クリアした者に受験を認める。たとえば、東京大学文科一類(主に法学部に進学)の受験資格は「TOEFL○○○点以上を獲得した者」と定め、公表する。点数基準は各大学に自由に定めさせる。

TOEFLは、東京大学大学院の大半の研究科で入試の際に成績の提出を義務付けられている。また、政府は15日の産業競争力会議で、平成27年度から「キャリア」と呼ばれる国家公務員総合職の採用試験にTOEFLを導入する方針を打ち出している。

実行本部では、英語で意思疎通できない日本人が多いことを問題視する議論が出ている。2月の会合では楽天の三木谷浩史社長兼会長が「英語ができないため日本企業が内向きになる」と述べ、大学入試へのTOEFL導入を提案していた。

Mh9004490451

以前に「楽天やユニクロが社内公用語をすべて英語にする」ということを公表した際に是非は様々でした。グローバル化が進む日本経済においては当然の流れだと言う人や、普段のやりとりさえ意志疎通が難しいケースが多い中、更に意志疎通するのに時間がかかる英語を導入するのはナンセンスだと言う人もいました。

楽天やユニクロは結果的に会議でのミーティングを英語にすることを始めましたが、まだ顕著な成果は出ていないのが現状です。

今回の大学受験のTOEFL導入もまだ高校生や先生などの詳しい意見などは公表されていませんが、実際に導入が決定されれば様々な意見が出てくることは違いないと思います。

TOEFLは英検のように英語力に合わせて級が設定されていたり、日本の高校生レベルの英語力に合わせたセンター試験のようではなく、世界中で英語圏の大学に留学する学生を対象にしたテストのため難易度が高い試験になります。

Mh9003995771

もちろん、上記にあるように各大学で設定される点数に上下があったとしても簡単に点数が取れる試験ではありません。また、英語科に在籍している学生は有利になりますが、商業・工業系の高校など英語を学ぶ時間自体が少ない高校に在籍している学生には不利になります。

TOEFLを高校在学中に取得できれば日本の大学に進学することと平行して、海外の大学に進学できるという進路に選択肢が増えることもメリットになりますが、TOEFLのスコアが取れたからといってグローバルに活躍できたり、国際社会で活躍できるかどうかは別問題になります。

国際社会で通用する人材になるためには、様々な国やバックグラウンドを持っている人たちと意志疎通や相互理解ができ、しっかりと自分の意見を持ってコミュニケーションが出来るかどうかが大事です。あくまでTOEFLは英語力を判断するひとつの目安にしかならないので、しっかりとTOEFLスコアを取ることだけを目標とせずに、その先のビジョンや目標に合わせて勉強したり進学先を決定すれば良いのではないかと思います。

Mh9004393451

ヒューマン国際大学機構では無料でTOEFL模擬試験を行っています。海外の大学は考えていないけど、今回のニュースを見て英語力が心配になった、TOEFLを受けてみたい方はお気軽にお問合せ下さい。

東京校と大阪校によって実施日が異なりますので、受験をご希望の方は下記フリーコールまでお問合せ下さい。

■東京校:0120-52-5931

■大阪校:0120-06-1192

前へ

「海外大学編入科」出願受付中

次へ

就職豆知識 Step 4(インターンシップをしよう!)