留学を考えるみなさんへ

Photo_6

こんにちは!
留学カウンセラーの田中です。

もうすぐ4月。
高校生になる方、大学生になる方、社会人になる方、新しいスタートの季節ですね。

一方で、進路選択の時期を迎えている新高校3年生からのこんなお問い合わせを多く頂いています。

「留学してみたいけど、自分にはできない。」
「海外大学へ行ってみたいけど、どうしたら行けるのか分からない。」
「そもそも、自分が海外の大学へなんて入学できない」
と思い込んでいる方を多く見かけます。

海外大学へ進学する時に必要となるものは2つあります。
①TOEFL
②高校の評定平均

①のTOEFLとは英語圏の大学へ進学する場合に留学生が受けなければいけない英語のレベルチェックの様なテストです。基準点は各学校によって設定されています。
②に関しては高校の1年生からの評定平均が必要とされます。
海外大学では、日本の大学の様に各大学ごとにテストを受ける必要はありません。(一部の難関大学ではSATやGREのテストを受ける必要があります。)

皆さんは英語力の高い人だけが留学する、と思っている方が多くいます。
しかし、実際にHIUCへ入学する時点では、英検3級の方や、英検を全然受けたことがないいう方も多くいらっしゃいます。

私は大学進学の時期が一番海外へ行きやすいと感じています
大学を卒業してから、大学院は海外へ行きたい、就職してから自分でお金を貯めてから行きたいという声をしばしば聞きます。
海外の大学院へ行くには大学へ行く際に必要なTOEFLの点数が必要です。
もちろん、求められるTOEFLの点数は高くなりますし、学費面でも高くなり、色々な面でハードルが高くなります。

最近の新聞記事で、日本の大学入学の際にもTOEFLの基準点を設けると言う記事を目にしました。進路の一つとして、海外大進学が当たり前になってきている証拠ではないでしょうか。
進路選択のこの時期、新高校3年生の方は海外学進学という選択肢を増やしてみませんか?
ぜひ、一度説明会に参加して、貴方の可能性を海外へ広げてみませんか??
お待ちしております!!!!!

前へ

今週の留学説明会のご案内

次へ

「海外大学編入科」出願受付中