もうすぐクリスマス!

もうすぐクリスマスです。今回はクリスマスイブが祝日とあって、いろいろと計画を立てている方も多いでしょう。
みなさんはクリスマスをどのように過ごそうと計画していますか?
というわけで今回はアメリカと日本のクリスマスの違いを見てみましょう!

File000247727805 File000281508621 File0001068141096

家族と過ごす?恋人・友人と過ごす?
アメリカではクリスマスは家族と過ごすというのが一般的です。もちろん!クリスマスのプロポーズというのはアメリカでもあります。しかし一般的には、親戚等が集まりお祝いするというのが伝統的な過ごし方です。一方日本はカップルや友人と楽しく過ごすというのが一般的です。レストランに行ったり、パーティを開いたり。アメリカのクリスマスは日本で言うお正月に近い感じです。渋滞もお正月よりクリスマス前後の方が多く起こっています。もちろん航空券も高くなります!

File00020257680  File000489299098

クリスマスイブとクリスマス当日
アメリカは先程説明したように家族と過ごすということが多いです。ですので日本風に言うと、クリスマスイブは大晦日、クリスマス当日は元旦といった感じです。またプレゼントについてですが、クスマスイブまでに準備し、クリスマスツリーの側に並べます。そしてクリスマス当日の朝に一気に開けます。まるでお年玉のようですね。日本はクリスマスイブも当日もあまり大差はないかもしれません。

Cohdranknxmas2012pic3 Dsc_0307

キリスト教徒
クリスマス=キリストの誕生をお祝いする日です。ですので当然お祝いする人、家族はイブに集まり、教会のミサに参加します。ミサの後に家で、家族揃って食事するというのがアメリカのクリスチャンの一般的な過ごし方です。ではアメリカでクリスチャンではない人はどうするのでしょうか?そうです。祝いません。例えば、ユダヤ教の人はクリスマスを祝いません。彼らは彼らの宗教的な行事を行います。そこが日本との大きな差といえるでしょう。日本は宗教的なお祭り・お祝いごとというよりも一種のイベント色のほうが強いと言えます。

File4441308439090

文化的な違いを体験できるのは海外留学の楽しみと言えます。これから海外に行く方はぜひ日本とアメリカの違いを体験してきて下さい。チャレンジあるのみです!

前へ

「ハーバード大学への留学」その①「入学」

次へ

今週の留学説明会のご案内