アメリカでのクラブ活動

C8018723

こんにちは、留学カウンセラーの中島です。

今回は、アメリカのクラブ活動について書きたいと思います。
みなさんは今までクラブ活動はしていましたか?留学説明会でたまに、「海外の大学では部活動は出来ますか?」と聞かれることがありますので、今回は私事にはなりますが、実体験を交えた部活動での話しをさせていただこうと思います。

Img_86801

中学校から大学までずっとバドミントンをしていたので、スーツケースにラケットとシューズを詰め込んで行きました。
大学に到着し、すぐにレクレーションセンター (日本で言う体育館)に行ってバドミントンの活動日を確認し、初日は緊張しながらも一人で参加しました。

ちなみに、海外大学のレクレーションセンターは日本の体育館とは異なり、まるでスポーツジムのようなスケールで、中にはテニスコート、広いバスケットコート、スカッシュや卓球ルームに飛び込み台のあるプール、トレーニング室、陸上トラックにヨガの教室、ロッククライミングまであります。

Img_46801

平日は授業が終わると図書館で勉強し、息抜きによくレクセンターに行き、泳いだりダンスのレッスンを受けたりしていました。
そして、バドミントンの活動は毎週金曜日の夕方ということで最初の週に足を運ぶと日本人は見事に私が1人でした。アメリカ、インド、中国、マレーシア、フランスなどと国際的豊かな学生や大人まで、ざっと50人くらい(男女の割合はだいたい9:1ぐらいでほとんどが男性でした)プレーする中、勇気を出して参加しましたが初めは、日本人だからか、珍しい顔で見られました。しかしすぐに「where are you from?」「What do you play, doubles or singles?」などと気さくに声をかけてくれました。それから毎週金曜日3時間ほど活動をし、終わってからはみんなで夕飯を食べたり週末にはBBQをしたりと、徐々に距離が縮まりました。日本人が少なかったため、言語の壁を感じることは多々ありましたが、結果この部活動を通じて世界中に友人ができ、異文化経験になりました。

Mh9003874221

海外大学では、学校の成績がよくなければ活動出来ないこともありますが、部活動を通して学ぶことはたくさんあります。是非みなさんにも、スポーツを通じて勉強以外のことを吸収していただきたいです。

前へ

今週の留学説明会のご案内

次へ

第8回「英語のチカラ」開催!