留学の違いについて

Photo_2

こんにちは!ヒューマン国際大学機構の田中です。今回は留学の違いについてお話させていただきたいと思います。

【交換留学】

協定校の入学料、授業料、検定料は、納める必要がありません。 (但し、大学に在籍したまま留学するので、授業料は在学する大学に納めます。)留学期間は、1学期間または1年間です。交換留学先で履修した授業科目に対して、 所定の手続きを経て、大学の所属学部または研究科で単位認定を受けることが可能です。

交換留学のメリット

①交換留学なので、協定校の授業料は必要ありません。 (留学期間中の授業料を大学に納める必要があります。)

②留学先で習得した単位は所定の手続きを経て、 大学の単位として認められることが可能なため、卒業要件単位が満たされれば、 1年間留学した場合でも4年間で卒業することが可能です。

③協定校では一定の語学要件を満たしている場合、現地の学生とともに正規の授業を受けることができます。

【認定留学】

日本の大学・大学院に在籍しながら海外に留学でき、海外で取得した単位を認められる留学です。

認定留学のメリット

日本の大学・大学院に在籍中に、海外に留学するときは、日本の大学・大学院を休学するのが普通です。認定留学なら休学する必要はありません。

②1年間のアメリカ留学で、日本の大学の1年分の単位が認められるため、日本の大学を4年で卒業でき、日本の大学の卒業資格を取れます。日本の大学を主に考え、その上でアメリカでの学習や生活の体験をしたい方に最適の方法です。

【学位留学】

ダブルディグリープログラムと呼ばれ、日本の大学と海外の大学の卒業資格が取得できるプログラムとなります。4年間で両方の大学からの卒業資格取得を目的としていますが、単位の取得状況により、卒業までに4年以上かかる場合があります。

学位留学のメリット

①在籍する日本の大学と海外の大学両方の卒業資格を取得することができます。

②留学先では、専攻している専門分野の授業を受ける事ができます。

③日本の大学の学費を納め、留学先の大学の学費は免除になります。

【正規留学】

海外の大学、又は短期大学に在籍し、海外の大学の卒業資格を取得します。2年〜4年の長期間の留学が可能です。

正規留学のメリット

①海外の大学で準学士号、学士号の取得ができます。

②場合によっては、日本の私立大学の学費より大幅に抑えることが出来ます。

③卒業後、現地でインターンシップの出来るビザの取得、就職活動が可能です。

【ワーキングホリデー】

対象国で仕事や語学学校に通いながらある一定の期間生活をすることが出来ます。ビザの発行の際、対象国の規定に従って年齢制限があります。

ワーキングホリデーのメリット

①就学を目的としたビザではないため、現地で働く事が可能です。

②滞在資金を補いながら、最長1年間の滞在が可能です。

Futta1758m2_2

前へ

今週の留学説明会のご案内

次へ

TOEFLセミナー!!