留学説明会に参加する意味

C8018791

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

今日は「留学説明会に参加する意味」について書きたいと思います。

Mh9002977631

何度かこのブログでも書いていますが、留学って情報収集が難しいと思います。たとえば

・海外大学の制度(学部学科の変更、ダブルメジャー、入試や受験がないなど)

・海外大学で学べる学部学科(国際関係学、経営学、医学、教育学、芸術学、心理学など)

・海外留学に必要な総費用(授業料、生活費、保険代、ビザ申請費用など)

・海外での生活方法(ホームステイ、アパート、寮生活、治安の良し悪しなど)

・求められる英語力や資格(TOEFL®IELTSSATGREなど)

・海外大学に進学するまでの方法(斡旋業者→語学学校、独学、準備機関→海外大学など)

・海外大学卒業後の就職(国内外での就職事情、就労ビザ、インターンシップなど)

上記は説明会でも詳しく説明させて頂いていますが、もっと細かくなると国ごとの違いや国内大学からの交換留学との違い、海外大学の願書締め切りと提出書類についてなど、留学は挙げればキリがないぐらい情報が多い進路だと思います。

なので、安易に「留学」とインターネットで検索して情報収集をしても多くは「英語の勉強をする語学留学」に関するものが多く、「海外大学に進学する正規留学」の情報は比較的少ないのが実情です。

Mh9002957571

あまり情報収集をしないままに留学を決めてしまうと、

「海外大学に進学するまでの準備に莫大な費用や時間を費やしてしまった」

「海外大学に入ったけど、今までの勉強はTOEFL®が中心で授業についていけない」

「海外大学に入ったけど、あまり自分の学びたい専攻がなく、生活方法も合っていない」

「奨学金を使用したかったものの、申請時期が過ぎていて全て実費で留学費用を捻出しないといけなくなった」

など色々と困ることが多くなります。

パンフレットには概要が記載されていますが、自分に合った大学や留学方法、渡航時期などは書かれていません。英語圏の大学は世界に約4500ほどあり、自分に合った大学選びは困難だと言えます。

ヒューマン国際大学機構の個別説明会では、カウンセラーがご希望の専攻に合わせた大学選びや専攻の説明、上記の内容すべて説明させて頂いています。

まずは情報収集することで、渡航する国や大学、勉強の仕方や予算などの目処が立つと思います。留学にも向き不向きや実現できる進路なのか不可能な進路なのか、しっかり情報収集をして決めて頂ければと思います。

Mh9004067741

ヒューマン国際大学機構の説明会をご希望の方は下記までアクセス下さい。

・東京校での説明会はコチラ

・大阪校での説明会はコチラ

・全国ガイダンスはコチラ

皆さんのご参加、お待ちしています!

前へ

◇災害心理学 Psychology of Disaster◇

次へ

Two more weeks till the Fall term ends