留学保険のメリット

アメリカに留学する際に絶対に必要なのが保険です。また、短大や大学に留学する際には保険に加入する事が必須条件でもあります。

保険に加入していなかった為に想像以上の高額の医療費を請求された留学生のケースはたくさんあります。盲腸にかかり手術をし、数日入院して$10000を超える額を請求されることもあります。留学保険に加入していなかったら、高額の医療費を後に支払う事になってしまうケースです。留学期間中は予期せず病気になったり、怪我をしたりする事があるので、留学保険は絶対に必要です。

<留学保険のメリット>
HIUC
が代理店をしているAIU保険の海外留学保険の場合、以下のような内容をカバーしてくれます。

傷害死亡 
ご旅行中の事故によるケガが原因で、事故の日からその日を含めて180日以内に亡くなった場合。

傷害後遺障害
ご旅行中の事故によるケガが原因で、事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合。

1_5

治療・救援費用
ご旅行中にケガや病気で治療を受けた場合(旅行行程終了後72時間以内に病気の治療を開始した場合を含む)の治療費のお支払いや、3日以上入院または搭乗中の飛行機が遭難し、日本からご家族が現地に行く場合など。さらに、妊娠初期の異常による治療・救援費用(保険期間31日までの契約の場合)や、誘拐が原因による救援者費用(300万円限度)も補償します。

2_4

疾病応急治療・救援費用(保険期間31日までのご契約の場合)
旅行出発前の病気で、ご旅行中に応急治療を受けた場合や、3日以上入院し、日本から家族が現地に行く場合。

個人賠償責任
ご旅行中に他人にケガをさせたり、あやまってお店の品物を壊してしまったり、
ホテルの部屋を水浸しにしてしまい、法律上の賠償責任を負った場合など。

携行品
ご旅行中に携行するスーツケース、カメラ、時計などを盗まれたり、
あやまって落として破損した場合や、パスポートの盗難により再取得する場合など。

航空機寄託手荷物遅延
ご旅行中、搭乗時に航空会社に預けた手荷物が、
目的地に到着後6時間以上経っても運搬されなかった場合。

4_3

航空機遅延費用
ご旅行中に悪天候や機体の異常などの理由で、
搭乗予定の航空機が6時間以上遅延したり、欠航・運休になった場合など。


疾病死亡 
ご旅行中に病気が原因で亡くなった場合。
(旅行行程終了後72時間以内に治療を開始し、
旅行行程終了日を含めて30日以内に亡くなった場合を含む。)

怪我や病気の無い楽しい留学生活が送れることがベストですが、
何が起こるかわからない以上、文字通り「保険」の意味でも、
必ず日本で留学保険に加入されることをお勧めします。

前へ

夏休み最後のスクーリング

次へ

産業心理学◆Industrial and organizational psychology◆