海外の大学に進学する方法

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

今日は「海外の大学に進学する方法」について書きたいと思います。

結論からすると主に以下の3つになるかと思います。

①独学で英語力を上げて海外大学に進学する

②海外の語学学校で英語力を上げて大学に進学する

③国内の海外大学準備機関で準備を行い海外大学に進学する

①に関しては、TOEFL iBTの勉強を独学で行い、志望する大学に必要なスコアを取得できるまで受け続けるという方法です。

論文を書くWriting Skillや長文を読みこなすReading Skill、海外大学での授業に沿ったDebatePresentationの技術なども自分で身につけなければいけません。

費用は最も抑えて渡航できる方法の1つになりますが、海外の大学は「入りや安く出にくい」と言われているように、TOEFLのスコアを取って入学することが大事ではなく、しっかりと「読む・書く・聴く・話す」を身につけておかないと授業についていけない可能性もあります。

また、海外大学との手続きは複雑なため、願書の取り寄せや学生ビザ取得など細かな部分は留学斡旋業者に依頼するという場合も多くなります。

②に関しては、留学斡旋業者に手続きをしてもらい、海外にある大学付属のESLや民間企業が経営している語学学校などに入って準備する方法です。

試験準備コースがある学校もありますが、中には日本の語学留学生と幅広く準備を行う学校もあり、学校により学ぶ内容や期間は異なります。

ネックポイントは日本の奨学金や国の教育ローンが使えないこと。学ぶ期間も英語力が高ければ早く終えることが出来ますが、英語力が足りないほど時間がかかるシステムになっているので、時間と費用を抑えたい場合はよく検討した方が良いかもしれません。

③に関しては、国内にある「海外の大学に進学をするためのコース」が設置された学校で準備し、その後海外の大学に進学するという方法です。

日本の外国語系専門学校や海外大学から認可を得ているヒューマン国際大学機構でも海外大学に進学するためのコースが設置されています。

海外大学で求められる本質的な英語力やスキルの取得、TOEFLの学習などを国内ですることが可能です。特に日本人が苦手なDebatePresentationなど、日本人が海外大学に行ってから苦戦するスキルに関しても的を絞って対策をすることが可能です。

ただ、②の語学学校のように「英語力が足りないからプログラムを延長する」という制度を設けている学校は少なく、その学校の学習期間で海外の大学に留学することが出来るかどうかを判断するための入試が行われている場合がほとんどです。

ヒューマン国際大学機構に関しても、各プログラム(海外大学進学科・海外難関大学進学科・海外大学現役進学科・海外大学編入科)によって学ぶ時間数が異なるため、相談に来られた方の希望する国や大学に留学してもらうことが可能かどうかを試験で確認させて頂き、ご入学頂いています。

海外の大学と同様に海外の大学に進学するまでの方法にもそれぞれの良し悪しがあります。自分の優先順位(費用・時間・学ぶ内容・学び方・渡航時期など)をどこに置くのかによって留学までの方法も変わるのではないかと思います。

ヒューマン国際大学機構では、上記3つのサポートを行っています。

①海外大学プレースメントプログラム(海外大学との手続き)

HIAカリフォルニア校(アメリカサンディエゴの語学学校)

③海外大学進学プログラム

「留学をしたいけど、留学するまでの方法や流れが分からない」という方、ヒューマン国際大学機構では個別での留学説明会を行っていますので、気軽にご相談下さい!

Mh9004225621

Mp9004304901

Mp9003997451

Mp9003164921

C8018791

前へ

TOEFLセミナー

次へ

A great week of great news!