大阪府立三島高校での「プレゼンテーション講座」

border=0

こんにちは。留学カウンセラーの平野です。

今日は大阪府立三島高校で行った「プレゼンテーション講座」についてご紹介します。

三島高校では初めてオーストラリア研修に行くため、その準備として「英語でのプレゼンテーション講座」を実施しました。

Dscn3492
まずはプレゼンの準備方法について、お昼休みを使って、ブレインストーミングの仕方や内容を作る時の構成方法などを説明しました。

Introduction(導入)・Body(本論)・Conclusion(結論)に分かれることや、「発表時には原稿を見たらダメだよー」と言った途端、みんなの表情が固まりました(笑)

その10日間後に発表をする予定のアナウンスをしたので、まだトピックが決まっていないグループも多く、準備が間に合うか、私も当日までドキドキしていました(^_^;)

Dscn3499
1回目の講座では白紙のスタートだったものの、発表日までにどの班もパワーポイントで画像や話の構成を作り上げていて驚きました。
テーマは様々で、「折り紙」「四季」「ポップカルチャー」「桃太郎」についてグループで発表してもらいました。

紙芝居風に桃太郎のストーリーを紹介した班は、感情を入れて読み上げたり、Introduction/ Body/ Conclusionの構成に則って作り上げていて素晴らしかったです!

Dscn3495

どの班もまだ原稿を読んでしまっていたり、声が小さめの人もいましたが、どの人も初めての英語でのプレゼンテーションを一生懸命行っていました。

今回初めて発表してみて、言いにくかったところ・覚えられなかったところなどの改善点が見つかったかと思います。

何度も何度も繰り返し声に出して、内容を覚えて、聞き手の人たちとコミュニケーションを取りながらたくさんのことを伝えてきてほしいなと思います。

前へ

「就活に生かすための留学」という記事

次へ

「心理学」とは・・・