6月の日本とアメリカの気候

日本各地で先週あたりから本格的に始まった「梅雨」。

「アメリカ」と掛けて「焼きそば」と解きます、そのこころは。。。

C7dfb1ab

そう、日本(北海道除く)を含む東アジアやロシア沿海州では「梅雨」がありますが、

アメリカやヨーロッパには梅雨がありません。

アフリカ大陸あたりから吹き出る「モンスーン」により齎される雨期、

これが俗に言う「梅雨」になり、サバンナや熱帯地域の雨季とは異なります。

しかし、梅雨のないアメリカでも、この時期からハリケーンが発生しやすくなります。

3a70c83bs

アメリカで発生するハリケーンは、この季節に日本でも同じように発生する台風とは異なり、

アフリカ大陸側の大西洋沖で発生した熱帯性低気圧がハリケーンに変化し、北米を上昇するケースが多いようです。

地域によって発生しやすく、ルイジアナ州、 ミシシッピ州、アラバマ州、ジョージア州およびサウスカロライナ州などが「ハリケーンの通り道」と呼ばれています。

高温多湿でカビや菌が繁殖しやすくなる日本の梅雨も嫌な季節ですが、

街を廃墟化させてしまうほど強力なハリケーンの季節もできれば避けたいですよね。

前へ

☆世界各国の学生と国際交流パーティ☆

次へ

Around the half-way point of the summer term