◇災害心理学 Psychology of Disaster◇

災害心理学 
Psychology of Disaster
災害心理学は、心理学の中で応用心理学の一分野で、その他の教育心理学、産業心理学、
犯罪心理学、臨床心理学などに比べると、
比較的の新しい研究分野です。

地震、津波、火山噴火、台風などの自然災害や、火災、爆発、航空機事故や鉄道事故などの人為災害に対する人間の心理、行動的な現われ、又、そこからの生還など、行動科学的な指針を含めて、災害と人間心理の関係をめぐるテーマ群を扱います。

border=0

また災害での死別や怪我、トラウマなど、災害のによる心の傷などを分析し、人的要因の二次被害拡大の防止も視野に入れるます。

border=0

災害が発生したとき人間はどんな心理状態に陥り、とっさにどんな行動をとるのでしょうか?
被害を減らすためにはどのように行動すれば良いのでしょうか?

border=0

2011年3月11日14時46分、三陸沖でマグニチュード9(日本国内観測史上最大 )の地震が発生しました。巨大な津波も発生し、死者行方不明者が2万7千人を超えるなど、各地で大きな被害が出ました。

border=0

日 本では再度このような災害が起こる可能性はゼロではありません。次に同じような災害が起きた時に、少しでも多くの人々の命が助かるように、そして災害後の 心のケアにも心理学は活かすことができます。悲惨な災害を研究対象にする代わりに、一つの災害からできるだけ多くの有用な知見と対処法を学ぶ事、それが災 害心理学の大きな役割でしょう。

◇バックナンバー◇
「心理学」とは・・・(1)>>>
「心理学」とは・・・(2)>>>
「心理学」とは・・・(3)>>>

「心理学」とは・・・(4)>>>
「心理学」とは・・・(5)>>>

前へ

ヒューマン国際大学機構提携校奨学金のご紹介

次へ

企業と学生が求めること