電圧の違い

これから渡航準備をされる方も多いと思います。
海外で日本の電化製品を使う時に注意したいのが、
日本と海外との電圧の違いです。
日本のコンセントの電圧は100Vで、
世界の中でも最も低いと言っても過言ではありません。
それに比べて多くの国では120V240Vです。


世界の電圧【抜粋】


日本  100V
アメリカ  120V
カナダ  120V
韓国    220V
グアム・サイパン 120V
シンガポール  230V
ハワイ  120V
タイ  220V
イギリス  240V
中国  220V-250V
イタリア  220V
ベトナム  120V/220V
スイス  220V
香港  200/220V
スペイン  220V
インド  220V-240V
フランス  220V
マレーシア  200/220V
ドイツ  220V
オーストラリア  240/250V
オーストリア  220V
ニュージーランド 230V
ロシア  220V
ブラジル  110V


ですから、海外で日本の電化製品を使用する際は、コンセントの形を変える変換プラグと一緒に、
電圧を下げる変圧器が必要になるはずなのですが、
最近の電化製品には変圧器が必要ないものが増えてきているようです。
メーカーは保障していないものの、変換プラグのみ変えただけで充電ができたという話も聞きます。

電気シェーバー、携帯電話の充電器、ノートパソコンのACアダプター、
デジカメの充電器など、
240Vまで対応している製品も多く販売されています。





ただし、ひとつそこで注意しておきたいのが、
充電器やACアダプターには「本体」と「ACケーブル」の2つに分離できるタイプがあり、
アダプター本体が100V240V対応でも、ACケーブルが125V以下の規格の場合もあります。

日本国内の殆どのノートパソコンのACアダプターは、
100240Vの電圧に対応しているので、
この範囲内の電圧の国/地域で使用できるので、変圧器は必要ありません。
付属のACアダプタは基本的に世界中の国/地域で使用できます。
一部の国の特定地域では、使用できない場合があります。

しかし、電源プラグからACアダプタまでのケーブル(ACケーブル/電源コード)は、
日本の法令、安全規格に適合した100Vまで対応のケーブルしか付属していないケースが殆どです。



従って、海外で日本のノートパソコンをお使いになる場合は、
使用電圧や電源プラグの形状が異なるため、
配給電圧が100Vを超える国/地域では、ACケーブルを交換する必要があります。
お使いになる国/地域の法令・安全規格に適合するケーブルをご用意ください。

前へ

シリコンバレーと海外大学

次へ

大阪府立阿武野高校でのセミナー