北野高校・阿武野高校でのセミナー

border=0

こんにちは。今日は北野高校・阿武野高校の2校合同で行ったセミナーについてお話します。

こちらの2校は、毎年春休みにアメリカ・シアトルへ2週間語学研修へ行きます。
現地の学校へステイするのですが、選択科目として“日本語”を学ぶ生徒がいます。

Dscn2844

その授業のスペシャルゲストとして日本文化を発表する機会を設けているため、昨年に引き続き、本学の「日本の文化を英語で発表しよう」のセミナー依頼を頂きました。

まず、プレゼンテーションを行うためのステップ、内容の組み立て方をお話し、少し見直しの時間を設けた後に個人発表をしてもらいました。

現地校には電子黒板があるため、北野高校の生徒達は、各自お正月・四季のイベント・観光地・剣道・自動販売機についてパワーポイントでビジュアル資料を作成し、しっかりと準備していました!

Dscn2842

どのパワーポイントも写真をたくさん入れ、オススメの関西有名スポットやおせち料理の意味、武道の大切さや色々な自動販売機を紹介してくれました。
自販機の起源がエジプトであったり、傘や焼き肉のタレ、花束の自販機があることを日本に住んでいる私も知らなかったので、驚きの連続でした。

Dscn2857

また、阿武野高校の生徒達は先月から準備していた着物・福笑い・羽根つき・お手玉について実物を持ちながら紹介してくれました。
現地校の生徒と一緒に実演する予定のため、今日の発表では短めでしたが、笑顔で元気にアイコンタクトを取りながら発表できていました!

文章を丸読みしたり、単語のスペルミスや発音に戸惑ったりすることもまだありましたが、人前で発表してみると改善点などが見えてきやすいです。
プレゼンテーションは何度も何度も練習することによって上手くなります。

Dscn2835
今回の実演を振り返り、出発までに繰り返し練習し、現地で楽しく発表してほしいなと思います!!

前へ

Thank you! Thank you!

次へ

第6話 実社会における英語の必要性(2)続き(4)