「自然な日本語」

「日本人のような『自然な日本語』が話したい」という日本語学習者がけっこういます。

いくら単語をたくさん覚えても、いくら早くしゃべっても、それは『自然な日本語』ではありません。

日本人が話すリズムというものがあるからです。

日本語学習者は、すでに母語を身につけています。

日本で生まれて日本人に囲まれて日本で育ったので、母語は日本語です。

私の発音は日本語向きになっているので、英語も中国語も日本語っぽい外国語になってしまいます。

そこで、どうしたら日本語学習者が「自然な日本語」を身につけられるか、

ですが、ドラマやアニメをまねしてみるのはいかがでしょうか。

金曜日の選択授業の「映画・ドラマ・アニメ」の授業では、毎回アニメのアフレコを取り入れています。 

今回の学生は、練習量が足りなかったにもかかわらず、タイミングを上手に取れる学生が大勢いました。

練習後、アニメに合わせてセリフを言い、それを録音して聞きます。

自分の声を聞くのってちょっと恥ずかしいんですが・・・。

  Dscf2005_3

授業後、自分の好きなドラマやアニメを使って、家でやってみる!と言う学生もいました。

家で1人でするのも結構楽しいので皆さんも是非!!

     

 

前へ

おすすめのアニメーション【細田守の世界】

次へ

2013年食博覧会・大阪