おすすめのアニメーション【細田守の世界】

こんにちは!大阪校の金です。

春に迎えた4月の新学期もあっという間に過ぎて、夏が近づいています。

今年の夏も暑くなりそうですけど、夏ばてに気を付けて楽しく乗り越えましょう!

さて、皆さん!日本のアニメーションは好きですか?

アニメーションに興味がない方でも、ジブリの宮崎駿監督はご存じの方が多いと思います。

『となりのトトロ』『もののけ姫』『魔女の宅配便』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』

など数々の名作がありますよね。

その他にも日本には有名な監督や作品がたくさんあって

それぞれ個性あふれる魅力で世界中で多くのファンを集めています。

個人的に日本のアニメーションは「世界No.1!誇れる日本の文化」だと思います。 

私も日本のアニメーションが好きで大人になった今でもよく見ています。

今日はその中でも自分のおすすめのアニメーションをご紹介したいと思います。

それは、「細田守(ほそだまもる」という監督のアニメーションです。

Photo_8 Photo_12  Photo_14

まず、「タイムスリープ(時空移動」というユニークな素材の物語の【時をかける少女】

彼の代表的な作品で、私もとても気に入った作品です。

男性主人公、千昭の「未来で待ってる」という台詞がいまだに忘れられません

その他にも、ネット世界で失いがちな家族や人の絆を考えさせる【サマーウォーズ】

オオカミと恋に落ち、その間で生まれたオオカミ子供「雨と雪」を女手一つで育てる母「花」の物語。

母の偉大さを感じさせる【オオカミ子どもの雨と雪】

この3作。どれも素敵な作品で感動しました。

これはあくまでも個人的な好みですが、いい作品だと思いますので…

皆さんもチャンスがあればぜひぜひご覧になって下さいいね~~

そして、おすすめの作品があったらぜひぜひ教えてください!

       

前へ

動物園とゴールデンウィーク

次へ

「自然な日本語」