酒粕 (さけかす)

もう3月。お雛祭りにますます彩りを与え、華やかさが増す。

そんな日本の食べ物、「酒粕」をご紹介します。

Img_4670

日本酒のもろみから作られた白っぽい塊。日本を代表するお酒と縁が強い副産物です。

近頃、この酒粕に含まれる「レジスタントプロテイン」が脂質を排出する働きがあり、ダイエットに効果的ということで注目をあびています。また食物繊維は代謝を高めて太りにくい体質を作るということ。ビタミンBも多く含まれており、健康、美容に役立つ自然食品です。

アルコールのプーンとした臭いや独特の味が嫌いな人には安価な酒粕で十分。スーパーで、200グラム、250円ぐらいで手に入ります。ダイエットには、一日50グラムを毎日取ると中性脂肪やコレストロールを下げる効果も持っている素晴らしい和の食べ物です。

酒粕と言えば、粕汁や甘酒!が定番です。が、時間がかけられない人には、そのまま、電子レンジでチン!か オープントースターで少し温め、あとは、好みに合わせて甘みをそえたり、お味噌や醤油で素朴な日本の味も楽しめます。

Img_4671

写真は、少し焦げ目をつけてあんこをそえた酒粕。ちょっとしたおやつになります。

Img_4672

きなこをかけても、蜂みつをおとしても、メイプルシロップをかけても美味。ナッツ、リンゴ、プルーン、キーウイ、バナナ等(要するに何のフルーツでもOK)が入ったシリアルに少し温めた酒粕、豆乳、ヨーグルトをいれると、シャリシャリとした舌触りの中でふっくらとした味わいを酒粕が醸し出してくれ、幸せな気分に浸れます。色とりどりでお雛祭りのお菓子として一品加えることもできます。

安価で、栄養があり、ダイエット効果もある優れたもの「酒粕」を一度ご賞味ください。

前へ

スポーツ大会での学生達の団結は素晴らしかったな!!

次へ

課外授業