文化体験「浴衣の着付け・日本舞踊」

こんにちは。大阪校講師の小崎です。

今回は8月31日(金)に行われた「日本文化体験」の選択授業についてお話します。

この日はまず学校にある浴衣の中から自分が着たい浴衣を選び、その後主任講師の岡田先生から浴衣の着付けを習いました。

頭ではわかるものの、実際に一人で着るのは難しいようでしたが、みんな説明をしっかりと聞いて頑張って浴衣を着ていました。最近では簡単な付け帯もありますが、今回は本格的な帯の締め方にも挑戦しました。

それから、浴衣を着て日本舞踊を体験。

藤間眞理娥先生からまず歩き方、身のこなし方、扇子の扱い方などを教わりました。

みんな初めてする動きに興味津々。少し動きに慣れてからは通しで動き、その後は「さくら」の曲に合わせて踊りました。

曲に合わせて踊るのは非常に難しいようでしたが、みんなとても真剣な表情で上手に踊っていました。

012

真剣な表情で説明を聞いています

003

「桜の花を眺めましょう」

013

さぁ、眞理娥先生は誰でしょう??

040

甚平を着て踊る男子学生

049

「手をかざして眺めましょう」

004

みんなとってもいい笑顔!

 踊りの後は懐紙の使い方、お茶の頂き方など茶席でのマナーを教わった後、岡田先生が点てて下さったお茶とお茶菓子をおいしくいただきました。

007

3袱紗(ふくさ)の使い方を聞いています

057

「お先にお相伴をさせていただきます。」と声をかけてお菓子をいただきます

063

おいしいお茶ににっこり

070

上手にお茶が点てられたかな?

 最後に浴衣のたたみ方を習って、この日の文化体験は終了しました。

きれいな浴衣を着て、日本舞踊を踊って、お茶を楽しんで・・・。

みんな大満足の一日でした。

前へ

選択コース ビジネス日本語クラスをちょこっと紹介!

次へ

外から見える新たな発見