トンボ玉制作

こんにちは。

大阪校からのお便りです。

今回の文化体験はトンボ玉を作りに行ってきました。

今回のレポーターは金娥美さんです。

Ryu_029

今回は、トンボ玉を作るために、佐竹ガラスというところにいきました。

トンボ玉とは、アクセサリーなどに使うガラス玉のことです。

まず、専門家の方が玉を作っている姿をみて、すごい腕前だと思いました。

Ryu_002Ryu_008

そして私もトンボ玉を作り始めますが、巻きつける作業が難しかったです。

ガラス玉が出来るまではガラス棒をバーナーの外炎から20cm離れたところで回しながら加熱します。

その間、ガラスが壊れそうで怖かったです。

でも専門家の方が助けてくれてきれいに作れました。

Ryu_011Ryu_016

次は、加熱されたガラス棒が赤くなるまで柔らかくした後、バーナーで鉄線を赤くなるまで加熱し、

溶けたガラスをゆっくり巻きつけます。私は、巻きつけることが一番難しかったです。

ガラスが玉になるように形を整えながら、ゆっくりと回し、炎から遠ざけます。

そして急激に冷めないよう、徐冷灰でゆっくり冷まします。

最後は水の中につけ、離型剤を溶かすようにガラス玉を取り外します。

Ryu_018Ryu_027

完成したトンボ玉でアクセサリーを作るつもりです。

160色以上のガラス玉全部作りたいです。

Ryu_024

たのしかったです。ありがとうございます。

Ryu_043_2

   

前へ

声優かっ!

次へ

学生が出演した舞台を見に行ってきました!!